おすすめサイト

2012年5月22日 (火)

大祓詞講義10

かくのらば、天つ神は、天の磐門を押し披きて、天の八重雲を、いつのち別きにち別きて、聞くこし食さむ。国つ神は、高山の末・短山の末に上り坐して、高山のいほり・短山のいほりを撥き別けて、聞こし食さむ。

かくのらば ー 「かく」「のる」「ば」。「のら」は未然形。「ば」は仮定条件を表す。コノヨウニ宣告シタナラ。

あまつかみ ― 高天原の神。

あめのいはと ― 「いは」は頑丈であることの比喩。「と」は出入口。

おしひらき ― 「おし」は接頭語。開イテ。

やへぐも ― 「やへ」は幾重ニモ重ッタ。

いつのちわきにちわきて ― 「いつ」は勢イノアル様子。「ち」は道とも風ともいうが接頭語か。「わき」は掻キ分ケ。

きこしめさむ ― 「きこしめさ」(「聞く」+「す」+「めす」から成る語)「む」。「きこしめす」は尊敬語。「む」は推量。オ聞キ届ケニナルデアロウ。

くにつかみ ― 葦原の瑞穂の国の神。

たかやまのすゑ・ひきやまのすゑ ― 「たかやま」は高イ山、「ひきやま」は低イ山。「すゑ」は「もと」の対義語で頂上。「短」は「ひき」と訓む。

のぼりまして ― 「まし」は尊敬を表す補助動詞。~ナサリ。

たかやまのいほり・ひきやまのいほり ― 「いほり」は仮設の建物。『万葉集』にはかなりの用例が認められる。用途は不明。

かきわけ ― 漢字「撥」には掃ウ・取リ除ク意があるが、接頭語とみれば単に分ケテとなる。漢字の意味を汲むと掃イノケとなる。

フォト
無料ブログはココログ