« カタカナ語をやまとことばに | トップページ | 先人の祝詞を訓読する »

2017年1月24日 (火)

宣命

天皇(すめら)が詔旨(おほみこと)らまと宣(のたま)ふ大命(おほみこと)を、親王(みこたち)・諸王(おほきみたち)・諸臣(まへつきみたち)・百官(もものつかさ)の人等(ひとども)・天下(あめのした)の公民(おほみたから)、聞(き)き食(たま)へよと宣(のたま)ふ。

朕(あれ)、即位(みくらゐにつき)し初(はじめ)、左大臣(ひだりのおとど)藤原朝臣等(ふじはらのあそんら)、前(さき)の太上皇(だいじやうのすめらみこと)の詔(みことのり)を奉(たてまつ)りて、相共(あひとも)に輔導(ほだう)〔助け導き〕して、朝政(まつりごと)を取り持ち奉(まつ)ること、今、五箇年(いつとせ)に成りぬ。而(しか)るに右大臣(みぎのおとど)菅原朝臣(すがはらのあそん)を、寒門(かんもん)〔低い家柄〕より俄(にはか)に大臣(おとど)に上(あ)げ収(と)り給(たま)へり。而(しか)るに止足(しそく)の〔留まり満足する〕分(ぶん)を知らず。専權(せんけん)〔専ら謀を行う〕の心有り。佞謟(ねいたう)〔阿り疑う〕の情を以て前(さき)の上皇(すめらみこと)を欺惑(きわく)す〔偽り惑わす〕。然(さ)れば上皇の御情(みこころ)を恐れ愼(つつし)みて萬(あま)た行(おこな)ひ奉(まつ)るも、敢(あ)へて御情を恕(おも)ひやること无(な)くして、廢立(はいりつ)〔退位させる〕を行ひ、父子の志を離間(りかん)し兄弟(けいてい)の愛を淑破(しゅくは)〔深く割る〕せんと欲す。

詞(ことば)は辭(じ)〔責めること〕、比順(ひじゆん)〔和らぎ従う〕は之(こ)れ天、心は逆(さかしま)なり。心は逆(さから)へり。

是(こ)れ皆(みな)天下(あめのした)の知る所なり。大臣(おとど)の位(くらゐ)に居る冝(べ)からず。湏(すべから)く法律(のり)の任(まにま)に罪(つみ)なへ〔ひ〕給ふべし。然而(され)ば殊(こと)に爲(ため)に念(おも)ふ所(ところ)なむ有る。大臣(おとど)の官(つかさ)を停(とど)め、大宰權帥(だざいのごんのそつ)に罷(まか)らせ給ふ。又、右大臣には大納言(だいなごん・おほひものまうすつかさ)源朝臣(みなもとのあそん)を任(ま)け給ふ。是(こ)れ則(すなは)ち宗廟(そうべう)・社稷(しやしよく)を安(やす)んぜんと爲(な)し、以(もつ)て大穀(たいこく)を修(をさ)め奉(まつ)るなり。茲(こ)れ衆々(もろもろ)聞き食(たま)へよと宣(のたま)ふ。 

昌泰四年辛酉正月廿五日。

 

*三角印は別の訓。

« カタカナ語をやまとことばに | トップページ | 先人の祝詞を訓読する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385586/69355749

この記事へのトラックバック一覧です: 宣命:

« カタカナ語をやまとことばに | トップページ | 先人の祝詞を訓読する »

フォト
無料ブログはココログ