« 駒〔狛〕犬奉献式祝詞  | トップページ | 橋梁塗装工事安全祈願 »

2013年5月10日 (金)

玉垣工事竣工式祝詞

掛けまくも畏きoo大神の大前に畏(かしこ)み畏みも白(まを)さく 大神の高き尊き大御徳を仰ぎ奉り称へ奉る 氏子内なるoo中央市場に業の道を営む魚がしの諸人等() 別きてもoo魚市場仲買協同組合の何某・何某・何某・何某・何某・何某大人(うし)世話人となりて 入紐(いれひも)の同じ心に事(こと)(はか)りて 心合へる向々(むきむき)に相語らひ合はせ 諸共(もろとも)に手()(づさ)りて 大前の斎庭(ゆには)に 永遠(とは)に崩(つた)え動かぬ堅石(かきは)以ちて 内外(うちと)の御()(さかひ)(かた)く厳(いか)しく 石垣築き廻(めぐ)らさむと 工事(たくみのわざ)起こしてより 石工(いしく)()が鑿(のみ)()り槌(つち)打ちて 美(うま)し石(いはほ)の一丈を 六()(きだ)に切りて積み立て 一丈を三()(きだ)に切りて笠石築きて 瑞(みづ)の玉垣並()め立て 今は清く美(うる)はしく事俊()へ侍りたるに依り 御()()の真()清水(しみづ)打ち灌(そそ)ぎ 幣(ぬさ)もさかきのさやさやに祓ひ清めて 今日の生(いく)()の足(たる)()に 事の由(よし)(まを)し上げ 御()(まつり)仕へ奉らくを 各(をの)も各も大前に参上り 御饗(みけ)神酒(みき)種々(くさぐさ)の物捧げ奉る状(さま)を 平けく安けく聞こし食して 太玉垣に其の名刻み 仕へ奉(まつ)れる二十六名の人等(ども)の 清き明き真()心を あはれめぐしと諾(うべな)ひ給ひ 今も往()く先も 家にも身にも禍(まが)(こと)無く 各も各も 営む業(わざ)の道の弥(いや)むくさかに 御()垣も石の常盤(ときは)に堅石(かきは)に 恵み幸はへ給ひ 千代に八千代に 家門(いへかど)高く広く 立ち栄えしめ給へと 畏み畏みも白す

« 駒〔狛〕犬奉献式祝詞  | トップページ | 橋梁塗装工事安全祈願 »

コメント

金子先生 

ご無沙汰しております。
大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
本年も、何卒お願い申し上げます。

当地の三が日は、とても良い天気が続きました。
有難いことです。

本年も良い年になりますよう、お祈り申し上げます。

はたおりべ様

やっと正月シフトが終わり、一息ついています。
大麻頒布の後、12月26日から1月6日まで無休でした。
天候に恵まれ、卒業生・学生さんと二男・三男の応援も助かりました。
次の課題も出て来ましたが、徐々に解決できそうです。
フェイスブックに近況を掲げていますので、宜しければそちらもご覧下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1385586/51575598

この記事へのトラックバック一覧です: 玉垣工事竣工式祝詞:

« 駒〔狛〕犬奉献式祝詞  | トップページ | 橋梁塗装工事安全祈願 »

フォト
無料ブログはココログ